start slug: ntt-com after block slug: ntt-com
×
after template slug: ntt-com after init slug: ntt-com

WebRTC賞

提供団体:

NTTコミュニケーションズ HTML5ラボ

賞金:20万円
受賞作品: 該当なし
WebRTCはパソコンやスマートフォンのブラウザ間でのリアルタイム通信を実現する画期的な技術で、広義のHTML5の一つです。WebRTCを活用した、これまでにないような独創的な作品をお待ちしています!

WebRTCはパソコンやスマートフォンのブラウザ間での直接、リアルタイム通信を実現する画期的な技術で、広義のHTML5の一つとして、W3CとIETFにおいて標準化が進められています。

従来、映像や音声のやり取りをするためには、使用する端末に専用のアプリケーションやプラグインをインストールする必要がありました。しかし、WebRTCでは、使用する端末のカメラやマイクを利用したビデオチャットや、スクリーンショットを共有する画面共有、ファイル送受信などをブラウザ間で直接通信することによって実現できます。ブラウザの機能だけで通信ができるため、通信する相手の端末やアプリケーションに依存せずにコミュニケーションできるほか、他のサービスとの連携が容易である点などから、今後の応用に注目が集まっています。

  • WebRTC賞では、WebRTCを活用した、これまでにないような独創的な作品を求めています。 もちろん、他のHTML5技術との組み合わせや、WebAPIと組み合わせた作品も歓迎します。まだ見ぬWebRTCを活用した新しいコミュニケーションの世界を、一緒に創り出しましょう!

尚、WebRTCでブラウザ間の直接通信を実現するためには、仲介サーバーを介した通信制御を行う必要が必要になります。そこで、NTTコミュニケーションズでは、WebRTC用の仲介サーバーおよびWebAPI、WebRTCを活用したクライアント開発を簡単にするJSライブラリをそれぞれ提供する、「SkyWay」(http://skyway.io/)という開発者向けサービスを行っています。WebRTCの難しい処理はSkyWayに任せることで、開発者の皆様はアプリケーション開発に専念することができます。この機会に是非ご利用ください。

審査基準

概要

WebRTCを活用した、これまでにないような独創的なアイディアを求めています。

作品はコンセプトが伝わればプロトタイプレベル(コンセプトやアイディアの根幹に関わる機能が動く状態)で構いません。

最低でも満たすべき基準

WebRTCの技術を使っていること

※「SkyWay:を利用せずに独自でWebRTCの実装を行っても問題ありません

より高評価につながるポイント

  • WebRTCが備えるピア・ツー・ピア通信の特性をうまく活かしていること
  • WebRTCと他のHTML5技術やWebAPIなどをうまく連携させていること