" "

作品詳細

立体偶像崇拝ウエブサイト

作品を見る

ライトニングケーブルを合掌して挟み、祈りを込めてケーブルを撚ることにより、立体的なワイヤーフレーム状の大仏様を拝めるウェブサイトです。

制作者の情報
作者(チーム名)
新美 太基
エントリー済みの賞
技術的なアピールポイント
DeviceOrientation Eventで回転を検出しています。
企画上のアピールポイント
iphoneユーザーなら誰でももっているライトニングケーブルを使用して、サイトを開くだけで簡単に立体映像を楽しむことができます。ケーブルを撚る動作と数珠を持って拝む動作の親和性を利用しました。
また、暗い場所で重心を安定させて回すことに集中しながら、現れては消える仏像をみつめることで厳かな気持ちになれます。
自由記入欄
iphoneの画面をできるだけ明るくして、暗い場所で行ってください。重心を安定させて早く回すことで、立体的に見えます。
実は両掌よりも指先で撚った方がまわしやすいです。