" "

作品詳細

3D温湿度オーディオ from Raspberry Pi

作品を見る

Raspberry Piを用いて温度と湿度を測定してWeb上で可視化するツールを作りました! 定期的に記録される温度湿度データはかなり精度が高いです。 Web上ではWebGLを使った3D表示で温度や湿度を表現しています。 その時の温度/湿度によって、表示が変化します。暑いときは暖色系, 寒い時は寒色系といった感じです。 また、サイト上で音楽が再生されますが、これも温度/湿度によって変化します。何度か見て試して見て下さい。 温度と湿度の情報をいかにして可視化するかがポイントです!

制作者の情報
作者(チーム名)
菅原 遼介 (@n0bisuke)
メンバー
n0bisuke
noda
tamarimizu
zuya
エントリー済みの賞
技術的なアピールポイント
まずは、温湿度センサーですが、USBRH-FGを使っています。回路の組み立てとハンダ付けを自分で行いました。USBRH-FGからRaspbery PiへUSB接続で値を渡し、PythonでHTTP POSTでデータを定期的にPOSTします。POSTを受け取るサーバーではNode.jsを利用していて非同期で受け取りを行っています。受け取ったデータはWebGL(three.js)を使って描画しています。温湿度によってBGMと色の変化をしています。
企画上のアピールポイント
Web制作者が電子工作にチャレンジしてみました!
現実世界のデータを扱ってWeb上で表現をすることで色々なアイディアが浮かぶと実感しました。

今回は株式会社LIGのオフィスにこのデバイスを設置していて、社内の様子をインタラクティブに伝えることができます!
(LIGファンの皆さん必見です 笑)
自由記入欄
ポート指定のURLをフォームに貼れませんでした汗 ↓こっちがホンモノです。
http://157.7.161.31:1112 Node.jsが死んでる場合は連絡ください^^; @n0bisuke

推奨ブラウザはGoogle Chromeです。

賞取りたい!