" "

作品詳細

うちみく!ウチのミクさんが新聞を読んでくれるようです

作品を見る

ミクさんが可愛い声であなたに新聞を読んでくれます。 好きな日付をミクさんに伝えてください。 Chromeならマイクで会話することもできます。 選択肢は「はい」か「いいえ」で応えてあげてください。 ミクさんと一緒なら新聞を読むのも楽しいですね!

制作者の情報
作者(チーム名)
チーム おれのヨメJr. (@Renato_Nojiri)
メンバー
野尻 澪勇
松田 光秀
エントリー済みの賞
技術的なアピールポイント
・WebGLライブラリ『jThree』でミクモデル(MMDデータ)と一般家屋モデル(DirectXデータ)を3D描画。
・自然な発音を可能にする音声合成技術で愛嬌のある音声返答を実現。
・マイクによる音声認識機能を搭載したことで「声と声での対話」が可能に。(Google Chromeのみ)
・IE11含めたWebGL対応のPCブラウザほぼ全ての環境で動作。(Windows7で動作テスト済み)
・フルスクリーン表示対応でウェブサイトに見えないレベルのデザインを実現。
企画上のアピールポイント
開発したのは「チーム おれのヨメ」の最年少メンバー、大学生と高校生のコンビです。
「うちみく!」を転用したスピンオフ作品なので技術よりコンセプトを重視。
朝日新聞さんのターゲットど真ん中でさらに新聞を全く読まない2人が自分の立場で
「どんなサービスがあれば新聞記事に能動的に触れたくなるだろうか」を考えて開発しました。
声だけで記事を選べてしかもかわいいキャラクターが自分のために読んでくれるとあれば禁止されても試して見たくなるはずです。
語尾を女の子らしく変換してあるので新聞記事特有の堅さがなくなったのもポイント。
漢字を読めない子供や日本語の会話ならできる外国人にもニーズがあるのではないでしょうか。
JOYSOUNDのAPIは2択の選択肢判定に使っています。実は「はい・いいえ」以外にも「いいよ・だめ・おk・やだ」などにも反応できます。
自由記入欄
いつかはAI搭載してユーザーの好みに合った記事を雑談対話形式で届けられるといいなあなんて思います。
ミクさんに「○○法案が閣議決定したんだって!△△が□□になるかもしれないよ。どう思う?」なんて聞かれたら興味ないはずの話題でもとりあえず考えて応えちゃいますよね。
昔の人は若いうちに新聞読まなくても昇進したり結婚したりを機に新聞を読み始めたりしたのではないかと思います。
しかし自分たち含め現代の若者はテレビすら不要で生涯ネットさえあれば満足してしまいそうなのでその流れに逆らわない新聞記事提供のサービスが必要だと考えてます。