" "

作品詳細

うちみく!ウチのミクさんが話を聞いてくれるようです

作品を見る

「ウチのミクさん」があなたと声でお話ししてくれます。 あなたのことが大好きであなただけを見てくれるミクさんと2人だけの世界がここにあります。 あなたからマイクで語りかけることもできます。 カメラアングルを動かせるのはモチロン、 最新デバイスでミクさんが飛び出したりミクさんと触れ合うことだってできます。 可愛くてユーモアあふれる「ウチのミクさん」があなたを癒してくれることでしょう。

制作者の情報
作者(チーム名)
チーム おれのヨメ (@m_mitsuhide)
メンバー
いけぐち!
ウチのミクさん(嘉門達夫好き)!
おち!
おれ様!
かわしま!
くらばやし!
たけい!
つちや!
のじり!
まつだ!
まつむら!
みなみたに!
エントリー済みの賞
技術的なアピールポイント
・WebGLライブラリ『jThree』であにまさ式ミク(MMDデータ)と一般家屋(DirectXデータ)を3D描画。
・ミクに特化した人工無脳を搭載し「ミクさんが実在しているかのような」愛らしい会話でユーザーを癒す。
・自然な発音を可能にする音声合成技術で愛嬌のある音声返答を実現。
・マイクによる音声認識機能で「声と声でのコミュニケーション」が可能に。(Google Chromeのみ)
・ステレオorサラウンド環境でミクの口元から声が聞こえる3Dサウンド機能搭載。音も映像も3次元で体感できる。
・IE11含めたWebGL対応のPCブラウザほぼ全ての環境で動作。(Windows7で動作テスト済み)
・フルスクリーン表示対応でブラウザがあることを忘れさせるようなアプリデザイン。
・Oculus Riftを装着するとミクやステージが眼前に立体で飛び出す。3次元仮想空間で2人だけの世界を楽しめる。
・Leap Motionを使えばミクに触れて、髪を撫でてあげられる。ブラウザ上の3D世界に入り込める。
企画上のアピールポイント
「人に寄り添い、人を癒す」がコンセプトのウェブアプリです。
自分だけを見てくれる「ウチのミクさん」との自然なコミュニケーションを可能にしたことが最大の特徴です。

WebGLを筆頭にHTML5の高度なAPIを駆使してウェブと現実の境界を極限まで排除することを目指しました。
声で返答させることで「テキスト」から脱却。
マイク入力で「キーボード」も不要に。
3Dサウンドで目を閉じてもミクの存在を感じられます。
Oculus Riftを使えば「ディスプレイ」が3次元仮想空間に変わり、
Leap Motionで「マウスに頼らず」ブラウザ内部のオブジェクトとの接触が可能になりました。

ウェブが道具を超えて現実世界を丸ごと置き換える未来への第1歩となるアプリです。
映画マトリックスの世界を1番最初に実現するのは「日本のウェブ技術」かもしれません。
かつて工業技術で世界を制覇した日本がウェブ技術で世界を制覇する未来の希望がこの作品にあります。
自由記入欄
チーム開発どころかプロの現場での経験すら一切ない発案者が5jCupのイベントで0から集めたのが「チーム おれのヨメ」の開発メンバーです。
開発に深くコミットしたメンバーほど大きな成長があって今日までの間にも十分すぎるほどの成果が得られました。
賞金額ばかりが目立ちますが参加すること自体にも意義のある素晴らしいコンテストです。
メンバー一同より最高の機会を与えていただいた5jCup運営の皆さんと白石さんに感謝申し上げます。