" "

作品詳細

Crealize

作品を見る

Crealizeは誰かと何かを創造するためにツールです. 誰と創るのか,何を創るのか,それはあなた次第です.Creaizeは6人まで同時にリアルタイムで,画面上に表示されたノートを編集します.Crealizeがリアルタイムで共有するのは,動画でも音声でも文字でもありません.相手の思考過程,息遣い,気持ちをリアルタイムで共有します. アイデア発想をしたり,旅行の計画を立てたり,新規プロジェクトの草稿を考えたり,小説を書いたり,友達に恋愛相談だってできるかもしれません. 誰と何に使うのか,Crealizeは提供しません. Crealizeが提供するのは,そこに人がいるという「リアル」だけ.

制作者の情報
作者(チーム名)
aidy (@aidy91614)
エントリー済みの賞
技術的なアピールポイント
WebRTC
WebRTCのP2P通信により,多人数同時編集を可能にしています.
一つのノートに6人まで同時編集可能にしています.
動画や音声の通信はなく,高速に通信できるようにJSON形式のテキスト通信のみとなっています.
また,マウスカーソルの軌道を共有するというのが,Crealzeによる「リアル」の共有を支えていると思います.

javascript
jQueryとjQuery UIを中心に,アプリケーション全体を通して多用しています.

webフォント
画像を一切使わないという方針により,webフォントを用いてロゴを表現しています.

canvas
画像を一切使わないという方針により,canvasを用いてアイコンを表現しています.

node.js
Apacheの代わりにnode.jsを用いてサーバを立て,ノートの振り分け機能も兼ねています.

その他,HTM5の高度な表現力によって,ネイティブアプリのような柔軟な機能を実装することが出来ました.使っていただくと実感していただけると思います.
企画上のアピールポイント
既存のコミュニケーションツールでは,動画や音声,文字を共有するものばかりです.
そこで,Crealizeでは,相手の思考,息遣い,気持ちという,「リアル」を通信するメディアとしての,WebRTCの可能性を示唆します.

CrealzieはWebRTCによるP2P通信とHTML5の表現力がなければ成り立ちません.
Crealizeは,「多人数同時」かつ「サーバを介さない,本当のリアルタイム通信」により,相手の思考過程,息遣い,気持ちをリアルタイムで共有するからです.
僕は以前BIOS画面でキー操作をした時に,そのレスポンスの早さに感動し,同時に,OSを介することで,キーボード入力に対するレスポンスがほんの少しだけ遅れていることに気が付きました.
人間はそこまで微小はタイムラグも感じることができるのです.
サーバを介したリアルタイム通信で,本当に相手の息遣いを感じることができるのでしょうか?

また,Crealizeでは,画像を一切使うことなく,HTML5による高度な表現力により,高度なコミュニケーションを可能にしています.
自由記入欄
Crealizeの主な機能
・チャット
・マウスカーソルの共有
	この機能が,相手の息遣いや思考過程,気持ちなどを読み取る助けをします.
・ノート編集
	ノート上では,フレームを作成し,その中に言葉を記述します.
	ノート編集における機能は以下のようになっています.

	・フレーム作成
	・フレームへの書き込み
	・フレームの移動
	・フレームの大きさ変更
	・フレームの削除
	・ノートの自動拡大(フレームがノートの端に近づくと発生)

・ログイン・ログアウトの可視化
・ログイン人数の可視化
・ウィンドウのリサイズ対応
・ウィンドウのズーム対応

ChromeとFirefoxの最新版で動作の確認をしています.CrealizeはWebRTCの動くブラウザでのみ動作します.
より情報量を増やすために動画や音声を用いたチャット機能を追加することもできました.
それらをあえて排除することで,匿名性を持ったコミュニケーションも可能にしています.
Crealizeを通して,HTML5の表現力の可能性と,WebRTCにおけるリアルタイム通信の可能性を感じていただければと思います.